周りの目が気になる多汗症の症状|美容クリニックでカンタン解決

ドクター

汗をかかなくする方法とは

治療

暑くもないのに大量の汗をかいてしまう人が時折います。そのような症状を多汗症と呼ぶのですが、日常生活に支障が出てしまうことが多いです。しかし、皮膚科や形成外科、美容外科などを受診すれば、多汗症治療を受けることができます。

詳細を読む

汗をかく原因と対策

照射

人間にとって汗をかくという現象はとても重要ですが、それが過剰になることで多汗症という病名がついてしまいます。汗をかく原理や理由、多汗症の原因、そして日常的に行えるセルフケアと専門的な治療を知っておきましょう。

詳細を読む

汗を多くかく病気

脇

美容外科の利用

温度が高い環境に身を置くと、体温が上がりすぎないようにするために、体が汗をかく仕組みになっています。分泌された汗が皮膚の表面で気化する際に体温を奪っていくため、体温を下げることができます。しかし、普通の人であれば絶対に汗をかかないような環境にあっても、だらだらと滴り落ちるほど大量の汗をかいてしまう人がたまにいます。そのような症状を多汗症を呼びますが、心理的要因の影響を強く受ける症状であるため、汗を止めなくてはいけないと焦ったりすると余計に大量の汗をかいてしまいます。従来は、多汗症のことを体質の一種だと考えて、病院で治療を受けたりせずに放置しておく人が少なくありませんでした。しかし、頻繁に大量発汗が起こっていると、日常生活を送る上で様々な支障が出てきてしまいます。現在では、多汗症治療に積極的に取り組む医療機関が多くなったため、たくさんの人が病院やクリニックに通って多汗症治療を受けています。皮膚科や形成外科を受診すると、健康保険が効く多汗症治療を受けることができます。あまり経済的な余裕がない人でも軽い負担で治療を受けることができるため、これまでは皮膚科や形成外科で多汗症治療を受けるのが当たり前のようになっていました。しかし、単に発汗量を減らすだけでなく、ダウンタイムや傷跡のリスクが少ない方法で治療を受けたいと望む人が少しずつ増えてきました。その要望に応えることができるのが、美容外科の治療です。美容外科の治療は健康保険の適用を受けることができませんが、今後は美容外科で多汗症治療を受ける人が増えるのではないかと予想されています。

原因と対処法

多汗症になってしまう原因は、人それぞれで異なっています。ストレスや緊張、不安などの精神的要因が原因で交感神経が過敏になり、大量発汗が起こるケースが多いのは事実です。しかし、何も精神的な問題がないのにも関わらず、尋常ではない量の汗をかいてしまう人がたまにいます。たとえば、何らかの理由でホルモンバランスが乱れている場合や、不規則な生活を送っている場合、タバコやコーヒーなどの刺激物を多く摂取している場合なども、発汗が促進される傾向が見られます。また、乳幼児に多汗症の症状が発生している場合は、遺伝による影響が考えられます。症状を引き起こしている原因をはっきり突き止めないことには、本当の意味で多汗症を治療することができません。自分自身でははっきりと判断できないことが多いですが、信頼できる医師と相談しながら、症状を引き起こしている原因を探ってみることが大切です。多汗症の根治を目指すには原因そのものを取り除く必要がありますが、原因を突き止めるには長い時間がかかります。その間の発汗を放置しておくわけにはいきませんので、汗を止めるための対症療法が施されるのが一般的です。具体的には、外用薬を塗る方法、ボトックス注射を打つ方法、水道水イオントフォレーシス、胸部交感神経節遮断手術などがあります。どの方法にもメリットとデメリットの両方がありますので、よく考えた上で治療方法を選択する必要があります。最近では、体にほとんど負担がかからないという理由で、ボトックス注射を用いる方法を選択する人が増えてきています。

汗の悩みとは

女性

多汗症治療をするならミラドライがおススメです。ミラドライは、従来の多汗症治療のデメリットである傷、コスパ、痛み、ダウンタイムの長さ等の点を全てクリアしている画期的な治療法です。しかも、剪除法と同じレベルの効果が得られます。

詳細を読む

Copyright© 2016 周りの目が気になる多汗症の症状|美容クリニックでカンタン解決All Rights Reserved.