周りの目が気になる多汗症の症状|美容クリニックでカンタン解決

医者

汗をかかなくする方法とは

治療

発汗作用を抑制するには

人間の体は、汗をかくことによって体温調節を行う仕組みになっています。寒い時はほとんど汗をかきませんが、暑くなると汗をかいて体温が上がりすぎないようにします。人間の体の大部分はタンパク質で作られていますが、体温が43〜44℃位にまで上昇するとタンパク質が変性してしまいます。体を構成しているタンパク質の変性が進むと、生命を維持し続けることができなくなります。平たく言ってしまうと死んでしまうことになりますので、そうならないように発汗によって体温を一定に保つ仕組みになっているのです。ですから、発汗作用は、生きていくために必要な、とても重要な体の働きだと言うことができます。しかし、全く暑くなくても、大量の汗をかいてしまう人がたまにいます。そのような症状のことを多汗症と呼びますが、誰も汗をかいていないような状況でも、1人だけ流れるほど大量の汗をかいてしまったりするため、悩んでしまう人が少なくありません。また、汗の臭いが気になって、人前に出るのを避けるようになる人もいます。精神的要因が原因で多汗症になっている人が多いため、汗を気にしすぎると余計に発汗量が増えてしまうケースがほとんどです。ですので、多汗症で悩んでいる人は、医療機関を受診して発汗作用を抑制する治療を受けるようにするのが一番です。多汗症の治療は、皮膚科や形成外科などで受けることができます。また、近年では美容外科が多汗症治療を取り扱うケースが増えてきています。医療機関を受診すると、発汗作用そのものを止めてしまう治療を受けることができるため、コンプレックスから解放されることができます。

治す方法とは

皮膚の表面には、汗を分泌する汗腺が存在しています。汗腺は、全身に一様に存在しているわけではありません。汗腺の数が多い部位もあれば、汗腺の数が少なくなっている部位もあります。多汗症の悩みを抱えている人の場合は、手のひらや足の裏、脇の下などに大量の汗をかくケースが多いです。つまり、この部分の発汗作用を止めてしまうのが最善の治療方法になるわけです。汗を止める方法として、昔からよく行なわれてきたのは、汗腺を取り除いてしまう方法です。わきが治療の場合も同様の治療が行われるのですが、汗腺をなくしてしまえば汗を分泌しようがなくなりますので、一番確実な治療方法だということができます。現在、一般的に行なわれているのは、直視下剪除法による手術です。これは皮膚を切除せずに、汗腺だけを剪除する方法です。手術痕がほとんど目立たないため、多くの人に利用されています。ただし、手のひらにこの手術を施すと、しばらくの間、手を使うことができなくなってしまいます。また、足の裏を手術した場合は歩けなくなってしまいますので、とても困ります。そのため、最近では、ボトックス注射を打つ方法が採用されるケースが増えてきました。ボトックス注射を打つと、その部位の筋肉が収縮しにくくなるため、汗が分泌されなくなります。発汗を止めたい部分をピンポイントで治療することができるため、とても便利な方法です。また、肌にメスが入るわけではありませんので、ダウンタイムがほとんど不要です。もちろん、傷跡も残りません。ただし、治療効果に永続性がありませんので、定期的に注射を打つようにする必要があります。

Copyright© 2016 周りの目が気になる多汗症の症状|美容クリニックでカンタン解決All Rights Reserved.