周りの目が気になる多汗症の症状|美容クリニックでカンタン解決

医者

汗をかく原因と対策

照射

汗をかく原因

多汗症とは、その名の通り汗を大量にかく状態を指します。汗をかく原因には、気温が高いときや運動をした後、辛いものを食べたとき、そして緊張したときなどがあげられます。身体の熱を逃がすために汗をかくことを温熱性発汗、辛いものを食べた際に汗をかくことを味覚性発汗、精神的ストレスによって汗をかくことを精神性発汗と呼びます。多汗症のほとんどが原因不明とされていますが、精神性発汗である可能性が高いと見られています。人間には、交感神経と副交感神経からなる自律神経という神経が存在します。リラックスした状態では副交感神経が優位になり、緊張や興奮している状態では交感神経が優位になっています。多汗症の原因と考えられる精神性発汗は、交感神経が関係しています。交感神経が優位になると、身体に様々な症状が現れますが、その中に「汗腺の働きが活発になる」という症状も含まれています。精神性発汗では温熱性発汗とは異なり体温調節を目的としていないので、手のひらや足の裏、脇の下などから汗をかき始め、全身へと広がっていきます。温熱性発汗では手のひらや足の裏にはあまり汗をかきません。体温調節の際に活発になるのはエクリン腺と呼ばれる汗腺で、通常、無臭もしくは臭いの少ない汗を分泌します。精神性発汗の場合も、エクリン腺から汗が分泌されますが、同時にアポクリン腺という汗腺からも汗を分泌します。アポクリン腺から分泌される汗は、皮膚表面の菌によって分解されることで臭いが発生します。緊張しているときに出る「冷や汗」は、アポクリン腺から分泌される汗が含まれているので、少し臭いのあるべたついた汗になります。

汗を止める方法

多汗症の原因は明確になっていませんが、多かれ少なかれ生活習慣が関与していることは間違いないとされています。食生活では、辛いものや味の濃い食事を控え、バランスのとれた食事を心がけるのが良いでしょう。また、動物性食品特に肉類の摂取が多い人は、交感神経が優位になりやすいと言われているので、注意が必要です。肥満も汗をかく原因の一つになるので、そういった意味でも健康的な食生活は大変重要となります。タバコに含まれるニコチン、珈琲に含まれるカフェインには交感神経を刺激する物質が含まれているので、発汗を助長する原因になります。終身時間や起床時間がバラバラもしくは夜型の生活になっているという人は、自律神経の乱れを引き起こす可能性があります。規則正しい生活を心がけましょう。このようなセルフケアを行っても症状が改善されない場合には、病院での治療が必要となります。治療にはいくつか方法があり、その一つは薬による治療です。内服薬には、発汗を止める薬、緊張を和らげるための精神安定剤などがあります。皮膚に問題の無い人には外用薬も用いられますが、こちらはかなり個人差があり、まったく効果が現れない人もいます。薬以外の治療法には、ボツリヌス注射、神経ブロックなどがあります。多汗症の症状が極めて強い場合には、手術によって交感神経を遮断することもできます。ただし、どの治療法を行った場合でも多少のリスクは付き物ですので、それを納得した上で治療を受けましょう。手術以外は、効果が得られるまで複数回の治療が必要になります。ボツリヌス注射は1回で効果が得られますが、3〜4ヶ月で再発します。なので、治療に長期間を有しますが、セルフケアよりも効果があり、即効性もあります。日常生活に支障が出て困っている場合には、一度病院で診てもらうのがおすすめです。

Copyright© 2016 周りの目が気になる多汗症の症状|美容クリニックでカンタン解決All Rights Reserved.