周りの目が気になる多汗症の症状|美容クリニックでカンタン解決

医者

汗の悩みとは

女性

問題となる汗

多汗症の種類とその治療について。多汗症とは、汗の量が部分的に多い症状のことを言います。多汗症になるのは、主に「脇の下」「掌」「足の裏」などですが、その中でも脇の下の汗は放っておくことでニオイを発生させるため、専門的な治療を求める人が多いのです。多汗症でも軽度のものであれば、デオドラントや生活習慣、食事内容を変えるだけで、症状が改善する場合もあります。ただし中〜重度の多汗症の場合は、それだけでは症状を抑えられないため、専門的な治療が求められます。多汗症治療のポピュラーな方法は、剪除法です。剪除法とは、皮膚を開いて汗腺を剥離する手術ですから、効果は確実なものがあります。その治療効果は、どの治療法とも比較にならないでしょう。しかし剪除法には、少なからずデメリットがあります。皮膚を傷つける手術のため、傷跡が一生涯残ることになるのです。その点が汗の悩みよりも気になる人は、剪除法よりも他の方法を選んだ方が良いでしょう。また術後のダウンタイムが長く、術後は約一か月程度、腕を上げる運動が出来ません。剪除法以外の治療法としては、ボトックス治療が一般的です。ボトックス(ボツリヌストキシン)治療は、薬剤を脇の下や汗の多い部分に注射するだけで、汗の量を半減させる画期的な治療法です。ボトックスは筋肉の働きを抑制させる効果があります。汗腺の間の筋肉の働きを抑えることで、汗の量を減らすことができるのです。またボトックス治療は、副作用が少ないため、多くの人が安心して利用できることも人気の秘密です。

ミラドライがおススメ

またボトックスにもデメリットはあります。それは、効果が永続的ではないということです。一般的に一度の治療で3〜6ヵ月程度の効果が得られますが、治療を続けなければ、また汗の量は元に戻ってしまうのです。安いものでも多汗症治療のボトックスは、一度に数万円程度かかりますので、コストパフォーマンスを考えれば、剪除法など根本的な治療の方が、割が良いと考えることもできます。その他には、電気凝固療法というのもあります。電気によって汗腺を焼いて固めてしまうという療法で、この場合も目立った傷跡が残らないというメリットがあります。ボトックス同様に、効果は永続的ではありませんが、継続することで少しずつ効果を深めていけるという利点もあります。ただし皮膚に火傷が残る場合があることや、大きな痛みを伴う麻酔をその都度受ける必要があることが、少々難点と言えるかもわかりません。また最近ではミラドライというものもあります。ミラドライは、マイクロ波エネルギーによって、汗腺を破壊する療法です。ミラドライの画期的な点は、従来の療法におけるデメリットをほぼ全てクリアしている点、その上で剪除法と同様の効果が得られる点です。従来の療法のデメリットであった、傷跡、ダウンタイムの長さ、コスパ、永続性、痛み、これらの全てをミラドライはクリアしています。料金は剪除法より若干高く、40万円程度ですが、マイクロ波を当てるだけで剪除法と同様の効果が得られる他、術後のダウンタイムが数日と極端に少ないのです。

Copyright© 2016 周りの目が気になる多汗症の症状|美容クリニックでカンタン解決All Rights Reserved.